子犬・子猫・小動物のべいびぃはうす|埼玉県寄居町にあるブリーダー直売のペットショップ

Column コラム

犬の糖尿病?症状や治療法とは

愛犬が糖尿病かもしれない…』『糖尿病と診断されてしまった…』というときには、どういった病気なのか?治るのかどうか?不安や心配がありますよね…

犬の糖尿病は、必ずインスリンの注射が必要であり、治療をしないと命にかかわることもある怖い病気です。

この記事では、犬の糖尿病について、原因や症状、治療法などをお伝えしています。

犬の糖尿病について知り、愛犬と一日でも長く過ごしたい!という飼い主さんは、ぜひ読んでみてくださいね。

犬の糖尿病とは?原因について

犬の糖尿病とは、読んで字のごとく『尿に糖が出る病気』です。

本来、食事として摂取した糖は、すい臓から出る『インスリン』というホルモンによって、体内に取り込まれるようになります。

糖尿病の場合、このインスリンが不足もしくは欠乏することで、糖をうまく体内に取り込むことができず、高血糖状態となり、また尿中にも出るようになってしまいます。

なぜ、インスリンが不足もしくは欠乏するのかは、分かっていないところもありますが、

  • すい島萎縮(原因不明)
  • クッシング症候群や膵炎などの他の病気がある
  • ステロイドの長期投与といった医原性

といったことが原因なのではないか?とされています。

長期の高血糖状態が続くと、不足したエネルギー源を体の脂肪を分解することで得るようになるのですが、その際に、『ケトン体』という物質を生じてしまいます。

ケトン体が過剰となることで、『ケトアシドーシス』という糖尿病の急性合併症となる場合があります。

糖尿病性ケトアシドーシスになると体が酸性に傾き、治療が遅れると、亡くなってしまうこともあります。

犬の糖尿病の症状は?

犬の糖尿病で最も多く、また飼い主さんに気づかれやすい症状としては、『おしっこの量が多くなった』『飲水量が増えた』ということがあります。

他にも、『よく食べるようになった』『食べるが体重が減少している』といった症状が出る場合もあります。

症状の進行にともなって、

  • 食欲や元気がなくなる
  • 嘔吐や下痢を示す
  • けいれん
  • 白内障

などがみられるようになります。

中には、『なんとなくいつもと違う』といった分かりにくい症状で発見されることもあります。

犬の糖尿病の診断方法

犬の糖尿病は、上記症状とあわせて、血液検査にて高血糖であることから診断されます。

ただ、犬は興奮することで血糖値が上がることもありますので(猫ほどではない)、尿検査での尿糖の検出も確認する必要があります。

尿検査では、ケトン体の有無や、膀胱炎があるかどうか?も同時に調べます。

また、長期血糖コントロールマーカーである、糖化アルブミンまたはフルクトサミンなどの測定も行います。

これらは、採血の2~4週間前から採血時までの平均の血糖値を反映しており、継続的に高血糖であるかどうかを調べることができます。

必要に応じて、レントゲン検査や超音波検査などを行い、併発疾患の有無を確認します。

犬の糖尿病の治療法~インスリン治療

犬の糖尿病の治療法は、現時点での犬の状態によって異なります。

すなわち、糖尿病性ケトアシドーシスの場合には、速やかな集中的な治療が必要となります。

点滴により脱水の補正やカリウム・リンの補充、および即効型のインスリン製剤の投与を行います。

急性腎臓病を発症している場合も多く、輸液療法にて対応しますが、重度の脱水により命を失うこともあります。

糖尿病性ケトアシドーシスの状態を脱した場合には、維持治療を行うようになります。

犬の糖尿病の維持治療は、インスリンの注射が必須となります。

(猫の糖尿病の治療法は、インスリン注射がいらず、食事だけで管理できる場合もあります。)

一般的には、中間型~持続型インスリンを1日2回投与します。

インスリンの種類はたくさんあり、また投与量も犬の状態によって異なりますので、インスリン量を決定するまでに、通院や入院による血糖コントロールをする必要があります。

基本的にインスリンの注射は毎日となりますので、飼い主さん自身で行うようになります。

インスリンの注射がうまくできずに、コントロール不良となっているケースもしばしばありますので、「上手にできていない…」「よく打ち損じることがある…」などという場合には、主治医の先生にご確認くださいね。

食事療法を併用することもある

上記でお伝えした通り、犬の糖尿病治療ではインスリン注射が必須となります。

そのため、インスリン治療で血糖コントロールが可能であれば(日中の血糖値が100~250mg/dLの範囲)、市販の総合栄養食をあげても問題ありません。

糖尿病用の療法食もあるため、食べるようであればこちらをあげることを推奨します。

ごはんを食べないときの対策~低血糖に注意

糖尿病の治療で、避けなければいけないことに、低血糖状態になることがあります。

インスリンが効きすぎ、低血糖状態となってしまうと、命にかかわることもあるからです。

そのため、ぐったりしたり、食欲が低下している場合には、ブドウ糖やガムシロップを飲ませるなどして、血糖値を上げなければいけません。

また、ごはんを食べないときには、インスリンを打たないで経過をみてあげることもあります。

食事を摂らない場合には、おやつなどの好きなものをあげたり、シリンジを用いて強制的に食事をあげた上で、インスリン投与を行うこともあります。

愛犬の状態やすべきことが分からない場合には、速やかに獣医師の指示を仰ぐようにしましょう。

犬の糖尿病でかかる費用とは?

犬の糖尿病の治療では、必ずインスリンの注射が必要となることから、毎月ある程度の費用がかかるようになります。

インスリンの費用は動物病院によって異なりますが、一般的には、月に2~3万円程度となることが多いです。

また、定期的な血液検査も必要となります。

これに加えて、併発疾患がある場合には、そちらの治療費用もかかってきます。

糖尿病性ケトアシドーシスの場合には、集中的な治療が必要となるため、入院管理を行うことが多いです。

そのため、入院費が10~20万円ほどになることもよくあります。

愛犬の万が一に備えて、日ごろから蓄えておくようにしましょうね。

犬の糖尿病の寿命・余命

犬の糖尿病は、インスリン投与を行い、日中の血糖値を100~250mg/dLの範囲で管理できれば予後がよい疾患です。

ただし、他にクッシング症候群や膵炎、腎臓病などの併発疾患がある場合には、その重症度によって予後が悪いことがあります。

定期的な検査や治療の見直しなどにより、余命は延びる可能性もあるため、経過をしっかり見てあげるようにしましょう。

【まとめ】犬の糖尿病の原因や症状、治療法について

犬の糖尿病は、お水をたくさん飲む、排尿が多くなったなどの『多飲多尿』で気づかれることが多い疾患です。

治療には必ずインスリンの注射が必要となり、定期的な通院や費用もかかることが多いです。

糖尿病を予防することは難しいですが、早期発見をすることで、適切な治療を受けさせることができます。

今一度、愛犬の状態をチェックするようにしましょう!

参考資料

  • 辻本元,小山秀一,大草潔,中村篤史,犬の治療ガイド2020,EDUWARD Press,p472-p475